こどもメガネ アンファン

アンファンのこだわり

オリジナルデザインフレーム

フレームへのこだわり(機能性、デザイン性、かけ心地)アンファンがオリジナルにこだわる理由〜すべては正しい位置にかけるために〜

大人のメガネをただ小さくしたものではありません。

日本人のこどもの頭形形状に合わせ、テンプル部分は頭を抱え込むように設計されているので、お顔にしっかりフィットします。

適材適所で素材を使い分けることで快適性を実現

メガネパーツで、バネ性、強靭性などその性能が発揮させられる部位に使用。正しい位置にかけて、しかも快適。

かけ心地とデザイン性の両立

子供の感性を育てるためにも、デザイン性に優れたものを身につけることが大切です。大人になってからの物を見る目を育てます。

調整(フィッティング)について

お子様の頭形状は個人差があるので、必ず調整してお一人お一人にぴったり合うようにします。そのために、調整が可能なように商品開発の段階から考慮し制作しています。お子様の肌は大人に比べて薄くデリケートです。

レンズへのこだわり メガネの処方箋は、お薬の処方箋と同じです。その度数を高い精度で再現するために、オグラでは、工業規格(ISO規格?)より厳密な知覚品質という独自の基準を設けています。

お薬は、正しく服用しないと副作用の危険性があるように、メガネも正しい位置に調整されていないと、ボケや度数誤差が生じ、これが違和感となって脳に負担をかけてしまいます。特に、非球面設計レンズは、そのレンズ性能を発揮させるために、お一人お一人に合わせる調整技術(フィッティング)が不可欠です。