オグラ眼鏡店

メガネは医療機器です。

子どもの視機能異常

一人ひとり異なる
発達過程成長に応じた対応が重要

目は、人が活動するために必要な情報の源泉といえる。軽度の視機能異常 でも、無理をして我慢し続けたり気づかず放っておくと、もの覚えや集中力、 発想力などに支障をきたす場合もある。

視機能の異常を矯正する場合、眼科医の診断は不可欠。視力をはじめ、視野、光覚、色覚、屈折、調節、両眼視、眼位、眼球運動の状態を総合的に診たうえで、一人ひとりの成長の度合いに応じた対応が必要だ。

新生児期から乳幼児期は、視覚系全体の発達に最も大切な時期。①目標物を両目で正しく見ること②その映像を正しくはっきりと網膜に映すこと③それを脳で正しく認識すること――これらを繰り返し学習して初めて、視覚系は発達していく。

乳幼児期から就学前にかけては身体の発育につれて次第に視力が発達していき、新生児では0・02程度の視力が3歳頃に0・5位に、6歳頃には大部分の子は1・0になる。これを妨げるのが遠視、乱視などの屈折異常や斜視などだ。

弱視は、正常な視力が発達しなかった状態。治療方法としては、最も多い遠視が原因の場合、まず適切な眼鏡の装用をさせることである。子どもの屈折度を正しく知るには、調節を休ませる点眼が不可欠である。

両眼視に関係する機能は生後約4カ月で大体できあがり、両眼視が正しくできているか診断できるようになる。斜視は、子どもの約2%に見られる代表的な病気の一つだ。斜視があると物が2つに見えるが、両眼視の発育段階ではそれを避けるために視覚が適応してしまう。斜視は重い病気がかくれている事があるので眼科医による早期の診断と適切な時期の治療が大切だ。

眼鏡の装用や手術で治療するが、眼鏡はきちんと装用テストを行って、子どもが嫌がらずに装用できることを確認してからで手遅れにならない。

また、乳幼児期には早期治療が必要な目の病気がほかにもあるため、左右の眼球の大きさがちがう、目やにが多い、まぶしがるなどの異常には気を配っておきたい。

屈折度は成長とともに大きく変化し、個人差が大きい。眼軸(目の奥行き)が1㍉㍍伸びるだけでも、正常な視力が中等度の近視になるのと同じ変化になるので、成長に応じた補正を行うことが重要。教室の真ん中から黒板が判読できる0・7の視力があれば普通の学校生活には十分だ。0・6以下になったら眼鏡の装用を考えよう。

いずれにしても、異常に気づいたら早目に眼科で診断し、あわてずに対処していくことが重要だ。

「医療機器としての眼鏡」トップへ戻る
帝京大学医学部名誉教授
丸尾 敏夫 氏

1958年東京大学医学部卒業。同大学医学部講師、帝京大学医学部教授、医学部長を経て、2003年に現職。専門は眼科学、視能矯正学。日本眼科学会名誉会員、元理事長。日本弱視斜視学会元理事長。日本眼科手術学会名誉会員。日本小児眼科学会名誉会員