オグラ眼鏡店

メガネは医療機器です。

高齢期の眼精疲労

個人の目の状態に合わせ
適切な処方必要

目の疲れ、眼精疲労の原因にはいろいろあるが、40~50歳以降の場合、やはり老化による影響は第一に考えるべきであろう。目の中でピント合わせ(調節)の役目を担っている水晶体(レンズ)は若い時こそ透明で弾力性に富んでいるが、年齢とともにその弾力性が低下して硬くなってしまい、水晶体を支える毛様体筋の老化も加わって調節がうまくいかなくなる。

このような加齢に伴う調節力の低下を老視(老眼)と呼ぶが、老視に対しては適切な眼鏡などで矯正しておかないと疲れ目の原因となる。適切な眼鏡とは、①老視の進行に見合った度数②左右それぞれの目に合った度数③乱視があればこれも矯正したレンズ④正しいサイズ(フレームの大きさだけなく、瞳の位置にレンズの中心が合っていること)――などである。

最近は安価で手軽に購入できる老眼鏡も流通しているが、この類いの眼鏡は度数にバリエーションはあっても左右の度数は全く同じで、サイズもユーザーに関係なく一定である。無論、乱視は矯正されない。したがって無理に使用していると疲れ目の原因となる。

また眼鏡は、読書、パソコン、テレビ観賞など、作業距離に合わせた度数で矯正し、目的に合ったレンズタイプを使用しないと、やはり疲れ目の原因となる。

高齢期の疲れ目の原因にはこの他にも、白内障や緑内障、眼の位置の異常(斜視)、涙液の減少(ドライアイ)、涙の成分である脂肪が少なかったり多過ぎたりすることによる不快感と疲れ、まぶたが下がってきてしまい無理に目を開けようとするために生じる疲れなど、いろいろな原因が考えられる。

まずは眼科的に異常がないか、さらに老視の矯正は適切に行われているのかをチェックすることが大切である。

「医療機器としての眼鏡」トップへ戻る
東京医科大学 眼科主任教授
後藤 浩 氏

1984年東京医科大学卒。88年南カルフォルニア大学眼科研究員。93年東京医科大学講師。2002年同助教授を経て07年から現職。